脱力トレーニングで体を柔らかく!

体が硬くなっていく原因の一つに姿勢が悪くなり、

その歪みから、肩甲骨、股関節可動域が狭く

なっていく事があります。

ですが、体を柔らかくしようとして無理に可動域を

広げようとしてはいけません。

筋肉を傷める原因になりかねません。

 

体幹を柔らかくして筋肉をゆるめる動作をマスターして

柔軟性のある体に変えていきましょう。

 

可動域を大きくするためには

「肩甲骨」と「股関節」の柔軟性がポイントです。

 

肩甲骨・・・・肩に一対あり、後方から肋骨を覆っている三角定の下大型の骨。

          肩甲骨がなめらかに稼働すると上腕も連動して大きくう動かせる。

 

股関節・・・骨盤と脚の付け根をつなぎ止める部分。

         股関節が柔らかくなると前後、左右あらゆる方向に動く。

 

 

 

柔軟性を高める柔軟ストレッチ

 

立位体前屈・・・・・・・呼吸は止めずに自然呼吸。

             肩の力を抜いて立つ。(脚の間隔は股関節と同じくらい)

             股関節を軸に前屈をして肩甲骨を広げる。

             首、胸は力を抜く事を意識する。

回数は5~10回位   

 

    注意事項・・・・・ふくらはぎや太ももの裏が痛くなるような無理な常態で

              おこなったり、反動をつけて曲げると筋肉や筋などを傷める

              のでゆっくりと無理をしないで行なってください。    

 

開脚・・・・・・・・・・・・・骨盤、仙骨をたててすわる。

             脚は自然に開く程度に広げる。

             腕は脚の角度と同じにして肩と同じ高さにする。

             両腕でバランスをとりながら脚の付け根部分の左右股間節

             に重心を移動させる。   

 

回数は左右交互に10~15回

 

     注意事項・・・・・背中が丸くなって骨盤が後ろに傾いてはいけません。

               骨盤を立てると股関節の可動域も定まってきます。

 

ツイスト・・・・・・・・横向きに寝る(下の肩が中に入りこまないように注意する)

             骨盤を横に立たせて脚を軽く曲げる。

             (肩と骨盤が床から垂直になるようにする)

 

            上の腕を外に開きながら顔も腕の方向に向ける。

            背骨、肘、手首、指先の順で下につける。

            同時に上の脚を曲げて股関節のまわりをゆるめる。

            これを左右両方行なう。 

 

注意事項・・・・・・・・・広げた腕の肩と曲げた脚は床につける。

 

 

どのストレッチも力を抜いて息を吐きながら行なうと

よりいっそう可動域が広がります。

お試しになってください。

 

 


室戸海洋深層水の塩飴

室戸海洋深層水の塩飴 3袋セット  500円
室戸海洋深層水の天然塩使用ほんのり甘くちょっぴり塩味また食べたくなるお味で人気です 暑い時期のミネラル補給に最適です仕事で汗をかかれる方に大好評です!
オーサワジャパン 塩飴 80g  220円
なちゅらるふーずリトルガーデンはオーガニック食品・マクロビオティック食材・エコロジー雑貨を豊富に取り扱う自然食品専門店です。オーサワジャパン・ムソー・創建社・ゼンケン・森修焼・シャボン玉・パックスナチュロンなど幅広い品揃え。さらに6,000円から全国送料無料で速やかにお届けいたします。
ナチュラル 直火炊き・塩飴 72g  273円
なちゅらるふーずリトルガーデンはオーガニック食品・マクロビオティック食材・エコロジー雑貨を豊富に取り扱う自然食品専門店です。オーサワジャパン・ムソー・創建社・ゼンケン・森修焼・シャボン玉・パックスナチュロンなど幅広い品揃え。さらに6,000円から全国送料無料で速やかにお届けいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す